負担になったら考える墓じまいは費用もかかるし許可も必要

墓じまい

負担になったときの墓じまいのポイント

どうしても墓を持っていることが負担になる場合があります。若いうちはそうでもないでしょうが高齢になるにつれて、それが負担になっていくのです。後継者がいるのであれば、墓を受け継いでくれる人がいるのであればそれは問題ないかもしれませんが、そうでない場合、墓じまいというのを考えておくとよいでしょう。そうすることによって、墓を終えることができるようになります。祭祀をやめてしまう、ということになりますがもう後を継ぐものがないのであればそれもまた選択肢の一つとなることでしょう。まず、基本的には寺側と話をすることになります。これは実に当然のことであり、そもそも墓というのは自分の土地ではないのです。あくまで借りている土地、ということになりますから、原状回復をして返す、ということになります。つまりは墓の撤去です。これをすることになりますから、そこに結構な費用がかかることになりますから、これは覚悟しておいたほうがよいでしょう。しかし、これは墓じまいにおいては避けて通ることができないことになりますから、覚えておきましょう。キチンと試算しておくべき点になります。お金がかかる行為ではあるのですが終活の一つになります。

New

2017年06月14日

墓じまいには許可申請が必要

墓じまいというのは、勝手にできることではないのです。まず、改葬許可申請をす…

New

2017年06月14日

墓じまいをしたいのであれば面倒なことを覚悟する

墓じまいというのはなかなか面倒なことでもあります。そもそも墓じまいというの…

New

2017年06月14日

負担になったときの墓じまいのポイント

どうしても墓を持っていることが負担になる場合があります。若いうちはそうでも…

New

2017年06月14日

墓じまいをすることになる時代

多くの人が墓じまいを検討している時代になっています。これは要するに墓をもう…

Post list

TOP