負担になったら考える墓じまいは費用もかかるし許可も必要

墓じまい

墓じまいという選択をする理由

墓じまいという言葉だけを聞けば、なにかネガティブな感じがしないでもありません。しかし、現代人が墓じまいを選択するのはネガティブな思考からではなく、むしろポジティブな思考から生まれるのではないかと感じます。墓じまいを考えていたり、実際に検討している人はお墓を守ってくれる人が少ないか、全くいなくなることを心配しています。つまり、お墓を守ってくれる人が複数いるということであれば、墓じまいなどは初めから検討することはないのです。
先祖代々から続いてきたお墓をそのままにしておけば、やがて先祖代々のお墓は荒廃してしまい、最後には無縁となることを心配して自分のできることは何かを考えて、検討した結果が墓じまいなのです。自分がしっかりと動けるうちに、墓じまいをできる気力や体力がある内と考えています。墓じまいと一言で言ってしまいますが、墓じまいには多額の費用と面倒な手続きが必要なことがほとんどです。それでもあえて墓じまいを実行しようとすることは先祖に対する責任感と子孫に対する優しさがなければできません。墓じまいを考えている人が身内にいたならば、非難をする前にまずそのことをしっかりと考えてあげなければなりません。

墓じまいとはどういうことか

墓じまいというのは、墓を処分する行為です。墓じまいというのは、様々な要因で行われるのですが最近では少子高齢化の時代であるから、ということが多いのです。簡単にいいますと墓守の後継ぎがいないから、ということです。墓は受け継がれてこそ、ということになりますから、もう後継者がいない場合、先祖代々の墓を撤去して遺骨を散骨してしまう、ということが増えているのです。
或いは永代供養の合葬墓にしてしまう、というタイプの墓じまいもあります。こうした行為は行政への届出も必要になりますから、意外と面倒でもあります。当然ですが墓じまいをしようとしているのであれば高齢者になっていることが殆どになります。ですから、手続きが非常に面倒と思うことがあるでしょう。しかし、これはやってくれる業者がありますから、そこに依頼してしまう、ということができるのでそこまで心配することではないでしょう。問題になることは費用です。墓の撤去費用などがかかることになりますし、永代供養の合葬墓に持っていくのであればそこに費用もかかることになります。散骨であれば特にその分には費用はかからないのですが、とにかく墓の撤去費用はそれなりにかかることになるでしょう。

墓じまいの後に考えること

墓じまいをするときには、色々と考えることがあります。墓の撤去の費用やお寺に対する布施、或いは行政に対する事務手続きの申請などこうしたことも色々と大変ではあるのですが、墓じまいをした後の遺骨をどうするのか、ということをよく考える必要があります。その一つの方向性として、永代供養があります。永代供養であればとりあえず供養はしてもらうことができる、となります。
或いは散骨というのもあります。その後の管理費が発生していないわけですから、散骨のほうがよい、と考える人もいるでしょう。骨箱納骨堂や手元供養という手段もあります。墓じまいといっても遺骨まで必ず手元から手放す必要性はなく、遺骨を近くで供養したい方にはこうした方法がお勧めできることになります。都会には、意外と多くのロッカー式の納骨堂がありますから、そうしたところに持っていくもよいでしょう。但し、永代使用の費用がかかりますし、或いは年会費などがかかることもありますから、それでは墓じまいをした意味がない、となってしまうこともありますから注意しておきましょう。墓じまいはとにかく身を軽くする、ということがメインになります。そのことを意識して方向性を決めるとよいでしょう。

墓じまいは話し合いから行おう

最近、少子化の影響で「墓じまい」をする方が増えてきています。墓じまいとは、お墓の管理をする親類が皆亡くなってしまった場合などに行われる、お墓を撤去して更地に戻す行為のことをさしています。遺骨は別の墓地に移動するか、散骨するなどの方法をとることになります。墓じまいを始めることを決めたら、まずは家族や親戚で祭祀継承権(年忌法要を主催したりお墓を管理する権利)を誰が引き継ぐかということをしっかりと話し合いましょう。 話し合いが終わったら、次は今現在において墓地を管理している霊園やお寺に連絡を入れ、墓じまいをしたい旨を伝えておきましょう。連絡と交渉が終わったら、次は市町村への届け出です。遺骨を移動する場所が新しいお墓や霊園などである場合、これらを管理する市町村の市役所に、「改葬許可申請」を届けなければなりません。この申請は遺骨を散骨して墓じまいを終える場合は必要ないのですが、お寺や霊園によっては許可証がなければお骨を引き渡してくれないところもあるので、申請は行っておいたほうが無難といえます。 ここまでの作業が済んだら、あとはお墓を撤去する業者を決めましょう。お寺や霊園が業者を指定していることもありますし、自分で選ぶことも可能です。複数の業者から見積もりを受け、費用を検討しましょう。

New

2017年06月14日

墓じまいには許可申請が必要

墓じまいというのは、勝手にできることではないのです。まず、改葬許可申請をす…

New

2017年06月14日

墓じまいをしたいのであれば面倒なことを覚悟する

墓じまいというのはなかなか面倒なことでもあります。そもそも墓じまいというの…

New

2017年06月14日

負担になったときの墓じまいのポイント

どうしても墓を持っていることが負担になる場合があります。若いうちはそうでも…

New

2017年06月14日

墓じまいをすることになる時代

多くの人が墓じまいを検討している時代になっています。これは要するに墓をもう…

Post list

TOP